FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
吸血鬼の恋/柏木様
血を吸うと 決めたあの娘に 言い寄って
闇の奥 白き肢体を 追い詰める
うれしいわ あなたにあげると 決めてたの
えっ?そんな。 もったいないねと つい返事
怖いけど・・・ でも少しなら つき合うわ
目を瞑る 白き横顔 いとおしく
吸い過ぎて あわてて返す キミの血を
ふり返る あわてて飛び出た 朝の窓

妖艶なる吸血/柏木様

血に飢えた黒い影と、怯える乙女。
ふつうはそういう構図なのですが。
うちのサイトでは、血を吸うものと吸われるものとが恋人どうしになったりします。^^
ゾクゾクと胸を轟かせる吸血鬼。
まがまがしい彼の意図を、彼女は毛ほども察してはいないはず。
ほ~ら、本性をあらわした!
怯える娘を追い詰めてゆく吸血鬼は、目を血走らせながらも、ニヤニヤと含み笑いを。
勝つに決まった鬼ごっこほど、愉しいものはないでしょうから。
とうとう壁ぎわに追い詰められてしまった乙女。
そんな彼女が、意外な告白を口にします。
これには吸血鬼氏もびっくり。とっさに口走ったのが・・・
こういうお人よしだから。
彼女も心を許す気になったのでしょうか。
ドラキュラ映画で時おり出てくる、うっとりするような吸血シーン。
あれは一種のラヴ・シーンだと思うのです。
少しでも多く、キミの血を愉しみたいのでね。
いちどで尽くしてしまうことはない、恋人の血。
それにしても、この吸血鬼さん。しょうしょうあわて者のようですね。
朝日を浴びると灰になってしまうわが身。
そんな状況さえ忘れて、彼女との逢瀬を過ごしていたら。
どうやら目覚まし時計が鳴ったようです。(笑)


柏木様の吸血鬼の恋・八連歌です。
まるで、柏木様のブログのエントリーを読むがごとくのストーリー展開ですね。
野暮な解説は抜きにして、ここはお返しいたしましょう。
年頃に なれば決まりの あの儀式
知らぬふり 迫るあの人 振り返り
同じなら 彼にあげたい 白い喉
ここに来て 返事を欲しがる 初心なひと
少しだけ 白いブラウス 染める赤
白き処女 美味なる血液 捧げつつ
血の気引く 白き頬見て 青ざめし
朝の陽に とって返すは 朱の柩
スポンサーサイト
[PR]

【2007/03/14 08:19 】 | ホワイト・デー | コメント(0) | トラックバック(0)
<<to ゆうこ様/from ゆうこ先生の彼様 | ホーム | やっぱりそうでなくちゃ♪/柏木様>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

design by 恋すてふ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。