FC2ブログ
桜(はな)の記憶
22歳の記憶
汽笛さえ 震える淡き 桜花
いまは無き 桜並木と 初恋の人
触れただけ 染まる指先 桜色


35歳の記憶
助手席に 舞い込むひとひら 手に受けて
まだ白き 富士を見上げる 八重桜
君の声 桜のようだと 笑う人


40歳の10月の記憶
火照る肌 風が鎮める 花の下
指たどる 手首の縄痕 桜の色
かの人の 誕生日に咲く 狂い桜


わたくしの住む東京は、あっという間に桜の盛りとなってしまいました。
とはいえ、目の前の並木道はまだ7分咲き。
あと1週間ほどは艶姿を楽しませてもらえそうです。

今年は珍しく花の季節にお仕事が忙しくて(笑)
のんびりお花見までもうすこしお時間が必要です。
なので・・・桜と共に過ごした恋の記憶など川柳に読んでみました。
いかがでしょうか?

皆様は今年のお花見、どんな想い出をひとつ加えるのでしょうか。
スポンサーサイト
[PR]

【2008/03/27 17:02 】 | 恋/片恋 | コメント(9) | トラックバック(1)
| ホーム |

design by 恋すてふ