FC2ブログ
月末のお楽しみ-3月
<淑やかな川柳>にお越しの皆様、いつもありがとうございます。
今月はお休みも多く、皆様にはご心配をお掛けしました。
まだ少し・・・な状態ですが、月末のスペシャルプログラムをお届けいたします。

Special-1.お題無し川柳のご紹介

月内に頂いた川柳の中で、お題は含まれていないのですが素敵な句がたくさんありました。3月のお題無し川柳をお届けいたします。

Special-2.業務連絡

これは・・・説明不要かと(笑)

Special-3.大人の童話

わたくしが、当月のお題で詠む川柳で綴る大人の男と女の物語です。
各月ごとにどんな童話をお届けできるか、いまから楽しみです。

それでは、明日の朝からお届けするスペシャルプログラム。
どうぞお楽しみに♪
スポンサーサイト
[PR]

【2007/03/31 23:59 】 | ごあいさつ | コメント(0) | トラックバック(0)
大人の童話ー弥生
3月のお題で綴った、大人の童話です。
弥生の最後の夜を・・・お楽しみくださいませ。

はじめての 出会いは海の 側の宿
うっそうと 茂る林に 蝉時雨
恋愛も 夢物語の 初なころ
好きだよの ただ一言に 頷いて
夢に見る 彼の面影 後髪

時を経て 吾他の男(ひと)の 新妻に
初志貫徹 彼は新人 教職員
人目避け 新学期前の 逢瀬かな
日に焼けた 彼を見るのは 桜(はな)の頃
元気だね 肩の桜に 手を伸ばす
次の春 新婚なのさと 照れる彼
おめでとう 嬉しいはずが 涙落ち

もう君を 腕に抱けない いまは・・・もう
泣かないで 差し出す腕に すがりつき
今はなき 桜の下で 交わすキス
新年度 迎える度に 思い出す
初恋の 桜の記憶 甘い過去
【2007/03/31 19:31 】 | 大人の童話 | コメント(0) | トラックバック(0)
ご紹介ありがとうございます-3月
今月も沢山の皆様のブログで、別館のご紹介をいただきました。
もしかしたら、わたくしが見落としているエントリーも絶対にあるかと思うのですが・・・気づいた分だけご紹介いたします。
『ウチでも紹介しました!』という方がいらっしゃいましたら、ぜひ自己申告&トラックバックをお願いいたします。
それでは駆け足ですが・・・・

もっと素直に感じたい/ななみ様
「川柳に想いを綴って」 「甘い息」 「これを機会に想いをつたえてみたら」 「切ない片思い」

勝手気ままなエロス日記/melto様
「川柳三昧2」 「筆おろしでできない俺」 「投稿川柳 3月」 「川柳3月-2」

そのときは彼女によろしく/dreamcat様
「Happy Happy Birthday ! 」 「GO AWAY BOY」 「千の夜をこえて」

アールグレーの日記/アールグレー様
「3月」

Ruri's Annex/るり様
「幸せに…、幸せよ…! ep.61」

あやのエッチな毎日☆/あや様
「言葉遊び」 「食べごろw」

ミニスカゆうこ先生のヒ・ミ・ツ日記/ゆうこ様
「エッチしちゃった」

いんまにゅえる/youya様
「ひねりましょう」

順不同、エントリー直リンクでご紹介してみました。
わたくしが失礼をしてご紹介しそびれていたら・・・ぜひご一報くださいませ。
ご紹介していただいた皆様。本当にありがとうございました。
4月も宜しくお願い申し上げます。
【2007/03/31 19:07 】 | 業務連絡 | コメント(0) | トラックバック(0)
宿の心意気/るり様
桜紙 熱きを拭い 甘吐息
Ruri's Annex/るり様

先日の雪見障子のお宿。
お手洗いは清潔で最新式ながら、足付の柳籠に薄紙が用意されていました。
”わっ!細かい心使い”とちょっと感動して戻ったら、桜紙談義がこちらで。死語ですか…。


素敵なお宿だったようですね。
でも、そんな昔ながらのしつらえが残っているというのも、なかなか粋なはからいです。
一枚ずつカットされた桜紙。よく考えたら・・・とても贅沢な雰囲気のものですものね。
花びらの 肌触りかと 桜紙

【2007/03/31 18:51 】 | 逢瀬 | コメント(0) | トラックバック(0)
誤解ですわ/柏木様
熱き頬に 散るは紅葉か 春なのに
妖艶なる吸血/柏木様

これじゃ~、いい男も、かたなしですわね。
すこしはかっこ、つけたいところですが。
こういう晩は、ひとりすごすご引っ込むのが常道かな?^^;


3月11日にいただいた川柳です。
頬を桜にしたのは・・・ひっぱたいたのではなく、柏木様の言葉に頬をピンクに染めてしまったという意味だったのですが(笑)。
でも、こんな風に誤解されるってことは、その分くらいの下心はたっぷり入っていたみたいですね♪
誤解だと いい募る頬に 双紅葉

【2007/03/31 18:50 】 | お題無し | コメント(2) | トラックバック(0)
金運び人じゃないんだぞ!/dreamcat様
愛を吐くか、月に一度お金を吐くか♪
その時は彼女によろしく/dreamcat様様

ご紹介いただきありがとうございます。
ブログでも家庭でも鵜です(笑)。


3月10日にいただいた川柳です。
ん~。月に一度のお給料日。
その日を楽しみに待っているというのも事実ですが、そのお金がどんなにご主人が大変な想いをして働いてくださったのかということをつい忘れてしまいがちです。
わたくしは、お給料が振込になったばかりのころ、父から明細を貰う度に「ありがとうございます。おつかれさまでございました。」と頭を下げていた母のことを、dreamcat様の川柳を見て思い出しました。
愛情は 月に一度と 言わないで♪

もっともっと・・・何度でも愛してくださっていいんですよ♪
【2007/03/31 18:47 】 | お題無し | コメント(0) | トラックバック(0)
タフな人が好き♪/柏木様
タフなのは 口先だけね でも好きよ♪
妖艶なる吸血/柏木様

そうそう、祥子さま。
柏木、そんなにタフじゃございません。
なんて、言われてみたいものですが。^^;


3月10日にいただいた川柳です。
タフな人・・・・そうですね、肉体的にというよりは、精神的にタフな方は素敵だなと思います。柏木様も精神的になら充分にタフかと(笑)。
あぁ・・・でも、今流行の「鈍感力」はタフな精神とはイコールじゃありませんからね(笑)。
泣く女(ひと)を 慰め続ける タフな男(ひと)

【2007/03/31 18:39 】 | お題無し | コメント(2) | トラックバック(0)
永遠の舞い/柏木様
あなただけ・・・ 永遠(とわ)なる舞の パートナー
妖艶なる吸血/柏木様

めずらしくまともな返しを入れたら・・・キーワードが抜けてました。(^^ゞ
いちおうのっけておきますね。


3月10日にいただいた川柳です。
こうして、コメントに返歌として頂戴したものにお題無しのものは意外と多いんです。
素敵な川柳に気持ちを込めると、お題では表現出来ないものが出てしまうのかもしれませんね。
明日もね・・・ 些細な言葉で 願う永遠(とわ)

「永遠は長過ぎる、ずっと明日があればいい」
【2007/03/31 18:35 】 | お題無し | コメント(2) | トラックバック(0)
フェイント?!/dreamcat様
花びらが 我より先に くちづけし
その時は彼女によろしく/dreamcat様

くちづけって何だかいいなあと思って、お題を省みず書いちゃいました。

その桜の花びらをそっと…。


3月1日にいただいた川柳です。
恋歌三賢者のお一人dreamcat様のお題無しの川柳はやっぱり恋歌でした。
彼女の唇にはルージュが塗られていたのでしょうか?それともリップ?もしかしたら昼食のハニートーストの蜂蜜だけだったかも。
唇に触れてそのままステイしている花びらを、奪うようにキスをするdreamcat様が眼に浮かびます。
花びらを 取ってあげると キス交わし

【2007/03/31 18:29 】 | お題無し | コメント(0) | トラックバック(0)
あと5分・・・/HAIREI様
あと五分 いさせてくれと 閉じ瞼
社長以下略/HAIREI様

あまりにも気持ちが良かったモンで…
チト寝坊し過ぎました(;´_ゝ`)>
でもこういう時はもう少しだけ、
夢を見せてと頭を乗っけていたい‥‥


3月1日にいただいた川柳です。
今月はお題が簡単だったのか・・・・お題無しは6句のみでした。
さてHAIREI様。
朝のお布団でのことかと思えば、膝枕でのお昼寝だったんですね。
この時期、お花見をしてお酒をいただいて・・・そのまま芝生でごろん。なんていうのも気持ちのいいものかもしれませんね。
桜(はな)の下 彼の重さを 腿で知る

わたくしへの気持ちの大きさ・重さも♪ですよ。
【2007/03/31 18:23 】 | お題無し | コメント(0) | トラックバック(0)
宴の顛末/縄指導様
うそだろう スクールバスが 何故そこに
賑やかに 新入園児 お絵かきを    
わぁ・・綺麗 すごいよ桜 満開ね   
う・・そうだね 平静装い 空返事   
二人なら 桜の枝に 吊られたい    
悔しいが 見事な桜 見えてない    
最後まで 真実明かせず サクラ散る  

M女願望の初心者調教部屋/縄指導様

二度も下見をして準備万端のはずが、新入園児のお絵かきに遭遇するとは・・。
事情を知らない愛奴は何の疑いも無く、綺麗な桜を見て素直に喜んでくれたのだが・・。
悔しい気持ちの私に追い討ち掛けるように愛奴が一言ぽつりと漏らした言葉、
(二人だけなら桜に吊られたいなぁ~)


マラソン川柳最終章<結>が縄指導様から届きました。
なんと主様へのサプライズは、スクールバス一杯の新入園児だったんですね。
しかし・・・だから昼間からはだめですってお話したのに、聞かないんですもの、縄指導様ったら。
麗らかな 空に広がる 桜花
散りそめし 花びら舞って 笑む女
奪う腕 後ろに回し 胸括り
背から吊り 括った足先 桜貝
膝を割り それでも出せない 声奪う
崖の下 新入園児の 声高く
麗らかな 春日の空に 吊りしM

諦め切れない主様は、目隠しになっていた崖の上に1本だけ咲いていた桜の樹に愛奴を吊るす事にしたのです。
山の崖の上、まわりに樹木が茂っているとはいえどこから見られるかわからない場所・・・でも、それよりも下の桜を写生する園児達の声が、愛奴の抗いの声を奪うのです。
【2007/03/31 00:58 】 | SM | コメント(2) | トラックバック(0)
寿ぎの歌・卯月/柏木様
新婚の 幸(さち)謳うほど 桜満つ
妖艶なる吸血/柏木様

え。こちらはちょっと、綺麗にまとめてみました。^^
新婚をことほぐ歌です。^^
春はいろいろなことが始まる季節。
桜の花と新婚とは、おなじ華やぎを持っているように感じます。
今月のお題の<新><う><桜>。
がんばって、すべて入れて詠んでみました。


柏木様の卯月の詠い納めはことほぎの歌になりました。
わたくしの曾ての結婚記念日は4月のおわりでしたが、なんとか桜を見たいとGWの北海道を函館に向かってドライブしたものです。
まだ少し早くてほんの数輪開花したものを見る事しかできませんでしたが・・・。
桜に包まれて花嫁になる。いまでも、ほんの少し憧れです。
綿帽子 隠す頬染む 桜色
【2007/03/31 00:43 】 | 恋/片恋 | コメント(2) | トラックバック(0)
長けた花嫁/柏木様
うぅ、はずれ!        
    てっきり処女と カン違い
色ざんげ 新妻の頬 誇らしげ
きみと結ぶ 夢は妖しい 桜色

妖艶なる吸血/柏木様

処女だと思って結婚したら。
初々しかるべき花嫁は、なかなか長けたお嬢さん。
でもどうやら・・・さいごは丸く、収まったようですな。^^


最近は花嫁に純潔を求めることはほとんど無くなっているようです。
それよりも少しぐらいは経験をしていてくれたほうが・・・・なんておっしゃる殿方までいらして(笑)。
でもそんなお嫁さんを選んでおいて、結婚後レスで我慢しなさいというのは無理というものです。
新婚の 初夜をリードの 妻の技
疲れたと 呻いて向こうへ 夫の背
我慢など 無駄な事よと 姥桜

桜はいつまでも老いても桜ですから♪
【2007/03/31 00:37 】 | 女心・男心 | コメント(2) | トラックバック(0)
もう4月/桜草様
新年度 新たな気持ちで 新スーツ
桜草様

もうすぐ4月・・・新しい年度が始まります。

桜より かなり気になる 祥子様

悪い風邪を引いてしまわれたのですね。
桜の開花もそろそろなのでしょうが・・・。
それよりも祥子様の完全復帰も気になります。
でも 無理をせずしっかり治して復活して下さいね。


桜草様をはじめ皆様には随分ご心配をお掛けしています。
風邪が長引いているせいか、なぜか気力も今ひとつ湧かず・・・気がつけばもう3月もおわりです。
明日は31日なのに、まだ大人の童話もできていません(泣)。
がんばって復帰しますので、もう少し温かい眼で見守っていてくださいませ。
青空に 桜も祝う 新年度
桜庭で 気分新たに 養生し
新年度 生まれ変わって 桜(はな)と咲く

【2007/03/31 00:31 】 | 女心・男心 | コメント(0) | トラックバック(0)
夜明け前・・・/HAIREI様
白無地に 浮かべ描くは 艶姿
筆を手に 頭抱えて 唸る俺
えっマジか 前を過ぎ去る 新聞屋

社長以下略/HAIREI様

それはよくあるお話。

下書き‥‥線は薄い灰色で、
粗く、一見滅茶苦茶ものだけど、
その向こう側には、艶やかなキミがいる。
作業途中で行き詰った‥‥
そんな時は息抜きすればいいけど、
未セーブのものが(トラブルで)消えた時は
どうすればいいんですか、神様。
新聞屋ならまだマシです、
収集車な時も‥‥って、いくら
休日だからってそれは非常にマズイよ、俺。


わたくしのプロフィールイラストを書いてくださっているHAIREI様。
いつもイラストをおねだりする度に、うんうんと唸りながら描いてくださっているのを存じ上げています。
きっとそれはわたくしだけではなく・・・どれだけの素敵な方がHAIREI様の手にかかって見事な絵になっているのでしょうね。
でも、睡眠不足はだめですよ(笑)♪
夢の中 浮かんでお願い 吾が姿
一筆の 流れる髪が うねる艶
新しい プロフに溢れる 微笑1つ

【2007/03/31 00:24 】 | 恋/片恋 | コメント(0) | トラックバック(0)
いろは桜ににほへけり/masterblue様
懐へ 卯の花香り 匂い紙
現し身の 香と絡みあい 匂い紙
初床に そっと忍ばす 桜紙

日々の妄想を形にして/masterblue様

懐古趣味でお手数をおかけしました。
桜紙は死語になってしまいましたか。ウ~ンそうか、そういう時代ですね。
「懐へ」を受けて、もう一つ死語の世界で・・・匂い紙。
きつく合わされた襟を押し開いたとき、ほのかに立ち上るえもいわれぬ甘い香り。涎が垂れそうです。
桜紙というと、ちり紙や鼻紙と違い、愛を交わした後の紙と言うイメージが強く感じられます。


いただいた2つの投句を3連歌としてご紹介させていただきます。

匂い紙もよく考えると本当に死語の世界かもしれませんね。
ネットで検索するとmasterblue様のおっしゃる匂い紙ではなくて、香水の試料紙が出て来てしまいます。
ほんのりと薫りをまとった薄紙もいまはもう市場にないのでしょうか。
香りが高貴な趣味であった時代のイメージをまとっていたあの<紙>には、桜紙と同じ大人の配慮が感じられるのは、masterblue様と同じですわ。
うっすらと 香る音を選る 匂い紙
肌に触れ 匂い移れと おませさん
枕元 嬉し恥ずかし 桜紙
【2007/03/31 00:16 】 | 逢瀬 | コメント(2) | トラックバック(1)
| ホーム |

design by 恋すてふ