FC2ブログ
Happy Birthday Ms.RURI♪/るり様
新一歩 優しき腕に 肩あずけ
Ruri's Annex/るり様

”歳をとっても、受け入れてくれるの?”
”それは、僕も一緒なんだから、なんとも思わないよ。
歳をとることに、どっぷり浸ってしまわない意識を持ち続けるなら、いつまでも魅力的だと思うよ”と。
今日、彼とは2歳離れてしまいます。


20歳のころ、歳をとることはぜんぜん怖くありませんでした。
いまは・・・少し怖いです。
それは<失うもの>ばかりを見つめてしまうからだと、最近気づきました。
20歳のころよりも出来る様になったこと、魅力的になったことも沢山あるのに、なくしたものばかりを数えていたらもったいないと思いませんか?
あの頃より、なにかを得ることは上手になっているはず♪
歳を追う毎に、新しいるり様を彼に見せつけて上げましょう。

お誕生日おめでとうございます♪
歳を経て また新しき 君を知る

スポンサーサイト
[PR]

【2007/03/05 16:35 】 | 女心・男心 | コメント(2) | トラックバック(0)
花の下の雨宿り/くろす様
濡れそぼち 誘い惹きこむ 雨の桜(はな)
秘すれば花/くろす様


お花見をしようっって待ち合わせたのは、夜桜が綺麗な山の公園。突然の雨に、わたくしはどこにも雨を避ける事ができなくて、一番満開の染井吉野の下に逃げ込んだんです。
それでも、お花では雨よけにはならなくて・・・。
少し遅れてきたあなたは、わたくしを見つけると「ごめん」より前に・・・わたくしを抱き締めて唇を奪ったんです。
待ち合わせ 桜の下で 濡れる君
【2007/03/05 16:28 】 | 逢瀬 | コメント(2) | トラックバック(0)
卯の花の茂る山で/くろす様
卯の花を 踏み分けしきみの 白きもも
秘すれば花/くろす様


卯の花と言われても、そのお花がピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。
いまのガーデニング全盛のお庭にはあまり見かけないかもしれませんね。
細いでも堅い枝を伸ばして、先に白やピンクの花を付ける低木です。
わたくしの記憶にあるのは、里山の車では入れない樹々の茂る林の中でひっそりと咲いている姿です。
くろす様はどうしてそんなところに女性をお連れになったのでしょう。
それもストッキングも許さず、腿も露な服装で・・・
あぁっ・・・
卯の花に 引かれしワンピの 裾の中
【2007/03/05 16:23 】 | SM | コメント(2) | トラックバック(0)
はじめての・・・/くろす様
新しい ひととするとき なぜ早い
秘すれば花/くろす様


はじめて男性とベッドをともにする時。
確かに早かったり、逆に最後まで楽しんでいただけなかったりすることもございますね。
男性にとってもショックかもしれませんが、わたくしにとっても少なからず・・・ショックです。せっかくご一緒しているのに、わたくしでは素敵な一時をご堪能いただけなかったのだと申し訳なくて。
そんな時は「ごめんなさい」と、ご一緒した方の耳元に囁いて・・・お口でお清めさせていただくことにしております。
もう一度お逢いしましょう、って心の中で願いながら。
恥じらいの 色が後押し 新逢瀬

【2007/03/05 16:14 】 | 逢瀬 | コメント(2) | トラックバック(0)
桜色の人/桜草様
新しい ワンピの色は 桜色
桜草様

多忙な日々を過ごしていると、ふと新しい春の装いを買いたくなるのです。
春らしい柔らかなシャツと少し脚長(爆)に見えるパンツスーツ。
日々の装いはパンツスーツが多いのですが、ワンピースなんて着てみようかしら。
男性だけでなく女性の目も点になりそうだからやめておこうっと。


よく女性のお客様とお話をすると、とてもびっくりするのは「私はこれは似合わないの」とおっしゃるものの幅がどんどん広くなっていることです。
そして「似合う」と仰るものが本当に少なくなってゆく・・・とてももったいないと思います。
着たくもないのならお勧めはしませんが、もし着たいって思われるならぜひトライしてみてください。
似合わないと思っているのは、単に見慣れていないからかもしれません。
その1枚のワンピースが素敵な一時(&殿方)をつれて来てくれるかもしれませんわ♪
お桜(はな)観に わたくしばかり 見てちゃだめ

【2007/03/05 16:03 】 | 装い | コメント(2) | トラックバック(0)
乗り越し注意♪/桜草様
桜愛で ひと時だけの 夢ごごち
桜草様

桜という花の何がこんなにも人を魅了するのでしょう。
通勤の行き帰りに見る桜 同じ桜なのに朝と夜では雰囲気が違うんですよね。
この季節毎年ゆっくりと桜を愛でる時間もありません。
通勤途中に見られるだけでも幸せかしら?


都内生活をするようになって、何が一番違ったかというと・・・移動がほとんど地下鉄になったことです。
以前はほとんどが地上を走る電車だったので(笑/それも変な言い方ですね)どれほど忙しくしていても桜を観そびれるということはありませんでした。
流石に地下に咲く桜はなくて・・・ちょっと寂しい思いをしております。
ただ、此花咲耶姫様はわたくしをお見捨てにならなかったみたいで、いまお仕事しているクライアントへ行く途中に桜並木があるんです♪よかった♪
車窓から 流れる桜 日毎愛で

【2007/03/05 15:54 】 | 旅・景色・四季 | コメント(0) | トラックバック(0)
花よりだんご?/桜草様
人知れず 色香華やぐ 八重桜
桜草様

染井吉野の時期が終わってから咲き始めるのが八重桜。
それこそ桜餅が沢山そこにあるかのような雰囲気なのですが好きな桜です。
花びらの色の濃いものが好きなんですが、ライトアップに似合うのは染井吉野なのでしょうねえ。


八重桜を道明寺の桜餅に喩えるあたり・・・ふふふ、桜草様ですね。
桜も様々。香りの高い黄緑色の桜の鬱金や、花びらのほっそりした山桜、濃い紅色の寒緋桜など。
お好みや想い出によって忘れられない花はいろいろだと思います。
わたくしは不思議な事に、染井吉野はどなたかとご一緒に、八重桜は一人で観る事が多いような気がいたします。
人の眼は 想いの外に 咲く桜

【2007/03/05 15:49 】 | 旅・景色・四季 | コメント(2) | トラックバック(0)
がんばれ!サクラちゃん/masterblue様
入学式 新入生は みな女
日々の妄想を形にして/masterblue様

サクラちゃんの続きです。
そりゃ受けた時点でサクラちゃんだって女子大だって分かっていましたよ。
でも、こう女だらけとは・・・
男女共学の高校が懐かしい。
その上、捧げた高校の先輩は・・・

新妻と 手をとりあって ハネムーンへ

挫折続きのサクラちゃんでした。

ん~先輩は、サクラちゃんとの最後の想い出に・・・してくれたのね。
この際ですから、女子大生のブランドを背に合コンで彼探しましょう♪
だって新年度なんだもの。
女子大の 可愛い新人 注目の的
先輩も 後ろ髪かも サクラちゃん

【2007/03/05 08:03 】 | 恋/片恋 | コメント(4) | トラックバック(0)
漏らす声/ななみ様
うっ・・・ん・・・うっ・・・
喘ぐ貴方に 花びら濡らし

もっと素直に感じたい/ななみ様

男性の感じてる時の声って好きなんです
息を荒くしてたのがふと漏らす喘ぎ声に
一気に身も心も熱くなって敏感な花びらから甘い蜜を出してしまう・・・
そんな私がいます
その声を思い出すだけで・・・もうすでに奥が熱くなってきました
女性は声だしますが男性ってあまり声出さないですよね?
耳元に・・・貴方の声を感じながら・・・私は・・・
分かりにくいと思いますがお題は”う”です


そうですね。男性ってあまり感じていることを表現してくださいませんものね。
それは女性よりに明らかな印があるせいかもしれませんが(笑)。
責め立てて、荒くなった息の合間に堪えられなくなった様に漏らす声に、喜びを感じてしまうのはわたくしも同じです。
いいよ・・・いい・・ うっと呻いて 注ぐ精

【2007/03/05 07:56 】 | 逢瀬 | コメント(6) | トラックバック(0)
桜の下で/Ken様
乳房吸う 転がる交わる 桜舞う
Ken's Caf'e/Ken様

これは願望です^^。桜舞う木の下で交わりたい。

「桜の下で交わる」これが男性の願望なのですね。
女性は桜の下で緊縛し、吊るされることのようですが。
はらはらと舞い散る桜の下で、交わしていたキスがいつか止まらなくなって・・・。
そんな逢瀬には着物姿で出掛けたいと思うわたくしです。
桜着物 裾を巻き上げ 犯す腰

【2007/03/05 07:49 】 | 逢瀬 | コメント(2) | トラックバック(0)
それは・・何処?/Ken様
交わって 桜吹雪の 景色かな
Ken's Caf'e/Ken様

ちょうどクライマックスになろうとしてる時
ふと窓を見たらドラマのような桜が……


ある本に、広い庭園の中にぽつりと建った茶室の窓を明けて桜に見せつけながら、心身喪失した女性を正気に戻す為に激しく抱くというシーンがありました。
飾り窓から花びらが入って美しいシーンでした。
で、ふと思ったのです。
Ken様がどんなところで女性を抱いているのだろうか・・・・と。
見上げて桜が見えるということは高層でもないし、少なくともカーテンも開いたまま。それでも外から見られることのない場所。
もしそんな素敵なことのできるホテルがあるなら教えてください♪ Ken様
それでも
見ちゃダメと 窓越し桜に 懇願す

【2007/03/05 07:44 】 | 逢瀬 | コメント(1) | トラックバック(0)
雪にひそむ桜/Ken様
抱きしめる 抱きしめるほど 桜色
Ken's Caf'e/Ken様

20代のころつきあってた雪国生まれの彼女は
まさに雪のようにまっしろでした。
けれど抱きしめるたびに染まって…素敵でした。


男性に愛されて次第に変わってゆく身体。
それはとても綺麗で、男性も愛おしく感じるもののようですね。
本当に感じている時は肩の先からほんのりと紅をさすといいますが・・・きっとその方も・・・なのでしょうね。
あの腕に 抱かれる度に 桜色

【2007/03/05 07:33 】 | 逢瀬 | コメント(2) | トラックバック(0)
どきどきのせいじゃなくて?/Ken様
眠れない 新手枕は 馴染まずに
Ken's Caf'e/Ken様

どこかで聞いた会話に
新しい彼が出来たんだけど手枕がいまいち…
やっぱ枕が変わると眠れないんだよね…だって^^。


彼と終わった後に寄り添って眠る。
そうしてよりそった時の肌の馴染み方って、相性なんだなぁと思っています。
手枕がいまいち・・・ということは、もしかしたらセックスもいまいちじゃありませんでしがか?
一夜の恋人の時は、翌朝の彼の仕事を考えるとなかなか手枕をおねだりできなくなっちゃったりもするのですけれどね。
新しい 腕にどきどき 眠れない

【2007/03/05 07:28 】 | 逢瀬 | コメント(0) | トラックバック(0)
夜の先輩/Ken様
新入生 彼女は夜の 先輩で
Ken's Caf'e/Ken様

実体験……ですね。ははは

年下の彼女さんなのかしら?
可愛いな♪なんて誘ったら、ベッドのなかでどぎまぎするKen様をやさしくリードしてくれたりして(笑)。
「もう、へたくそぉ もっとぉ」なんて甘い声で叱られながらいろいろ教えていただいたのかしら?
先輩は 新人だったの? 夜のこと

【2007/03/05 07:22 】 | 逢瀬 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

design by 恋すてふ