FC2ブログ
冷たい指先/アールグレー様
雪国の 貴方を思い 独り遊び
アールグレーの日記/アールグレー様

長期出張の夫を思い、
また、遠距離不倫の彼を思い、
自分で慰めてしまう私。
二人とも、全く違う雪国にいます。


雪国にいる大好きな人は、帰ってきてキスをしてもなんだか唇や頬までが雪国仕様になったままのような気がします。
久しぶりだからと、鍵をしめた玄関でスカートの中に入り込む指先も。
帰ってきているのに、どこか一部を雪国に置き去りにしたままのような彼を早く取り返したくて・・・淫らに求めてしまうのかもしれません。
彼の熱 そっと奪うは 雪女

スポンサーサイト
[PR]

【2007/02/22 23:56 】 | ひとり | コメント(2) | トラックバック(0)
あれは私?/桜草様
桃色の 視線の先に 見知らぬ女(ひと)
桜草様

鏡の中の自分は別の自分のように感じているんだろうなあ・・・。
それとも鏡の中の自分が本当の自分なのかしら ♪


<美人鏡>と昔、母がそう呼んでいた鏡が実家にありました。
なにがどう違うのか、子供の頃なのでぴんと来なかったのですが、その鏡に映すとただでさえ綺麗な母が、もっと綺麗に見えたのです。
子供の頃に家を立て替えて、引っ越しを重ねた時にその鏡は割れてしまったのですが、もし今その鏡を恋人に責め立てられるわたくしの眼の前に差し出されたら・・・そこに映るのはどんな女なのでしょうね。
桃けぶる 霞む視線に 映る女(ひと)

【2007/02/22 23:54 】 | 逢瀬 | コメント(2) | トラックバック(0)
えっ・・なにこれ?!/ななみ様
男性の 腿に手が触れ 頬赤くする
もっと素直に感じたい/ななみ様

電車の中でもどこでもふと知らない男性の体に接触してドキドキというか恥ずかしい思いをすることがあります
学生の時にちょっとした勘違いでとても恥ずかしい思いをしました
そのことがふと思い出されこの一句を詠んでみました


満員電車の中で困ってしまうもの。
男性のビジネスバッグの角。折り畳み傘の取手。小さく畳んだ新聞。つり革がないところで堅く握りしめた男性の拳。
きっと、もう絶対悪意なんてないはずなのに、わたくしの身体をつんつんと突いたり、柔らかなヒップにめり込んだり、ときにはスカートをずり上げたり・・・。
映画にもなったように冤罪が多いと言われる痴漢事件ですから、あまり無闇なことで騒ぎたくはないですが、本当に判断に困ることもあるものです。

でもね、いつもホームで見かけて素敵だなと思う男性と、20分密着出来てしまう幸福も満員電車ならでは・・・なんですけれどね。
ときめくは 知らぬ男の 熱い腿

【2007/02/22 23:45 】 | 想い出 | コメント(2) | トラックバック(0)
青いわね、ふっ/桜草様
若桃には わからぬ 熟の芳醇さ
桜草様

そうなんですよね。
「だめ・・・恥ずかしい」って言っても許して下さらない。
「もっとよく見せて・・・」って。
あら そんな事言って・・・。
若い方にばかり目が行ってるじゃあありませんか。


桜草様・・・でも、これって男性ばかりを責められないかもしれませんわ。
だって、やっぱり男性だって、ね。
お若い方のあの熟し切ってない堅さの素晴らしさも捨てがたいと思いませんか?
確かに、桃の蜜を湧かせるには少し技術も根気も足りませんけれど。
堅さの全くない熟れ切ったふにふにの桃に比べたら・・・。

あっ・・・ごめんあそばせ♪
歯ごたえに 甘さ忘れる 若い桃

【2007/02/22 23:45 】 | 女心・男心 | コメント(6) | トラックバック(0)
再入学も素敵かも/桜草様
卒業より 入学したい エロスの花園
桜草様

歳をとるということは心にも体にも何かしらの隙間を作るのでしょうねえ。
でも今感じる心と体を大事にしたいと思う事もしばしばあります。
男であることを、女であることをわかりあえればいいのに・・・・。


ブログサーフィンをさせていただくと、レスから再び燃え上がったご夫婦のお話も良く見かけます。
そういった方達のお話を見せていただくと『二人きりの時間にはタブーはない』という共通項を見る様な気がします。
例えばきっかけとして多いのはアブノーマルな行為。
世間の眼や、家族がもし知ったら・・・とか、二人以外のことを考え出すと、もう絶対に踏み切れないですよね。
とすると、今度は学園に入学よりも<甘い家庭教師>を募集したほうがいいのかもしれないですよ♪
二人きり 卒業やめて 甘い桃

【2007/02/22 23:43 】 | 女心・男心 | コメント(0) | トラックバック(0)
視姦電車/桜草様
ちらり見る コートの隙間に ももひかる
桜草様

仕事帰りの地下鉄の中でも少しだけ開いている座席の隙間をじ~~とみていらっしゃると殿方がいらっしゃいます。
皆さんお疲れなのねえ。
それとも目の前の女性の大きなももをみていらっしゃるのではないでしょうねえ。
危ない♪ 危ない♪


お疲れならその隙間に座らせて差し上げたいのですが、冬のコートの時期はなかなか詰めてさしあげられなくて。
「よろしかったら、わたくしの膝の上はいかがですか?」と、言ってしまいそうになることがあります。
そう言えば、韓国は前に座った人の膝を荷物置き場に出来るんでしたっけ。

以前疲れて深夜の山手線に乗った時、がらがらなのにわたくしの目の前に立った男性がいたんです。
コート姿なのにその下からはすね毛のあしがにゅっと・・・。
でもそのときは、ほんとうに疲れていてその意味すら理解できませんでした。
目の前の男性が、ばっ・・・とコートを開くまで。
でも、その時わたくしが漏らした一言でその人はその場からそそくさと立ち去ってしまいました。

さて問題です。わたくしはなんと呟いたでしょう?
男性の コートの隙間の ももは・・なぜ?

【2007/02/22 19:02 】 | SM | コメント(11) | トラックバック(0)
出会いの記憶/ゆうこ様
桃の香に 心揺らいで はや5年
ミニスカゆうこ先生のヒ・ミ・ツ日記/ゆうこ様

彼と知り合って明日2/22で5周年となります^^
そう、桃の香るこの季節から始まった関係なのです。
過ぎてみるとあっという間の事ですが、思い出は沢山ありすぎます。
これからも、お互いを高め合える仲でいられますように。。♪


初めて出逢ったときの記憶って、なぜかいつまでも消えません。
そして記憶の欠片に出逢うと、ひどく狼狽する自分がいて驚きます。
降るような蝉時雨
舞い散る桜花
こげるタイヤの匂い・レーシングカーのエンジン音
第九の最終楽章
これからあといくつ・・・わたくしはそんな記憶を持つ事になるのでしょう。

ゆうこ様、幸せな5周年おめでとうございます♪
今年もお二人にとってすてきな一年でありますように。
そして・・・150000hitおめでとうございます♪
いととせの 春を告げるは 桃花の香

【2007/02/22 18:57 】 | 恋/片恋 | コメント(2) | トラックバック(0)
浮気の証拠/melto様
衣を纏い 隠す内腿(もも) キスの痕
勝手気ままなエロス日記/melto様

俺の場合、女性の想いとか女性が詠ったような句のほうが浮かびやすい..
熱く燃えた翌日ふと気が付くと内腿に残るキスの痕。
見せられるはずもなく、でも内腿だから衣を纏えば見つかるはずはないでしょう..


いつ付けられたのか、もしかしたらあの時かもと思うけれど、ゆうべはとても激しかったから首筋くらいしか気をつけてなかったの。
まさかこんな所にまで、キスマークを付けるなんて・・・。
わたくしとは浮気でしかないくせに・・・あの人ったらもう。
ふっ、仕方ないわ。
ここならガーターストッキングなら丁度腿のレースで隠れるところ。夫の好きな黒のレース使いのゴージャスなストッキングを下ろして、今夜は誤摩化すしかないわね。
太ももを 横切る絹に 隠る痕

【2007/02/22 18:51 】 | 逢瀬 | コメント(2) | トラックバック(0)
蝙蝠傘/アールグレー様
雪の夜も 貴方となら 寒くない
アールグレーの日記/アールグレー様

大好きな方と、雪の降る夜に
無理して一つの傘に入り
寄り添いながら歩きたい。


最近は、傘のことを<こうもり>とは言わなくなりましたね。
男物の・黒くて・大きい傘は、広げると本当に蝙蝠の羽根のようでした。
その羽根のなかに包まれる様に、艶やかな身を隠す。そのしなやかな身のこなしに女性の色香が漂います。
そうして、もう一つ思い出したのが<あったか伊衛門>のCM。
雪の中の朱塗りの橋を夫を迎えに行く若妻が、自分の和傘を閉じて夫の傘の中に入る。でも、べったりではなく、そっと寄り添う風情がとても素敵だと思いました。
この傘は 小さいからと 彼の腕

【2007/02/22 18:46 】 | 逢瀬 | コメント(4) | トラックバック(0)
蕩ける夜?/桜草様
舞う雪に 我が身を思う 独りの夜
桜草様

はらはら舞う雪は地面に届くとすぐに溶けてしまいます。
なんて少し意味深かしら?


お慕いしている主に触れるだけで、身体の芯が蕩けて流れ出してしまう・・・そんなはしたない愛奴はお嫌いでしょうか。
他の方に触れるだけで<女>の気配をすっと消してしまう・・・そんな愛奴はお嫌いでしょうか。
やわらかく抱きとめてくださる大気のようなあなたの腕の中でなければ、存在できない・・・そんな愛奴はお嫌いでしょうか。
忘れない 雪の姿は 我の恋

【2007/02/22 18:39 】 | ひとり | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

design by 恋すてふ