FC2ブログ
宴の予定/縄指導様
近ずくと 新聞受けが 溢れてる 
ラッキーだ 人気は無いぞ う頂天
吊れそうな 桜の枝を 物色し  
丁度良い 太目の桜 見定める  
まだ蕾 花芽を見れば 新芽あり 
五分桜 見れるか来週 再下見  
予想では 桜満開 再来週    

M女願望の初心者調教部屋/縄指導様

川を渡り近寄ると民家では無く、廃屋だった。
廃屋の前に川があり堤沿いに植えられたソメイヨシノ、幹も結構太く樹齢数十年は経っているでしょう。
枝ぶりを物色し、都合の良さそうな桜を見つけました。
ここ数日暖かく蕾も膨らみ今にも咲きそうな様子です。
来週再度下見には5分咲きぐらいの姿が見れるかな?期待に胸を膨らませていました。


縄指導様のマラソン川柳第Ⅱ弾です。<起承転結>の承だそうです。
ここまで念入りに場所を下見していただければ、M女性も安心していられますね。
桜の開花予定も、今年はずれ込みそうですが・・・あと2週間後には、満開になっていてくれたらいいなと、願ってやみません。
人気無し 新たに触れた 跡もなし
後ろ側 山辺の崖に 接しつつ
古木には 新たな縄の 擦れ跡
強者か 桜の枝の 選び方
桜(はな)の下 共に責めるも 一興か
薄闇に 灯る街灯 家の角
開花予想 桜(はな)満開は 再来週

下見した枝に縄を這わせたあとを見つけてしまったら・・・
【2007/03/17 23:45 】 | SM | コメント(3) | トラックバック(0)
ランジェリー永久追放/縄指導様
うそズルは 下着に問えば 直ぐ解る
うそズルを 見極め術も 主の業

M女願望の初心者調教部屋/縄指導様

仰る通り下着を取り上げるのは人質ですね。
逢瀬に身に着ける下着は当然彼女のお気に入りで大切な下着のはずです。
大切な人質ですから、大事に扱います。
人質を返して欲しいなら、次回の逢瀬にはノーブラノーパンで来るのが条件になります。(ミニスカートは必須です)(笑)
そうそう、以前ある愛奴が一度ズルをしたことがあります。
当日下着無しの命にも関わらず羞恥で直前まで下着を着用、逢う寸前に脱いだそうです。
私は彼女と逢って直ぐある事をしてズルが解りました。
<カバンに下着隠しているね!>
(えっ・・・。)
彼女の表情が一瞬に不安げに変りました。
命令に従えないのなら、調教する意味がないのでお別れしましょうと言ったのですが、彼女は、白状して二度としませんお許し下さいと泣いて詫びたので、厳しいお仕置き、罰を受ける条件で許しました。
最後に彼女には当日厳しいお仕置きと下着は永久追放(下着着用不可)されたことは言うまでも無い。


主様には嘘など通用しないと・・・どうして気付かないのでしょうか?
それとも、そのくらいの嘘は許してもらえると・・・。
与えられたお仕置きは、羞恥に塗れているけれど新たな快感をMに与えるためのものでしかないのに。
それともお仕置きに溺れてしまったのでしょうか。
もっと・・・もっと・・・恥ずかしいお仕置きをしてほしくて、嘘をついてしまったのでしょうか。
羞恥ゆえ ついた嘘さえ 見破られ
お仕置きを 欲してついた 嘘ひとつ

【2007/03/11 12:32 】 | SM | コメント(0) | トラックバック(0)
お仕置きは目隠し?/桜草様
愛おしき 逢瀬の記念に 桜のスカーフ
桜草様

柏木様、形見だなんていやですわ。
次の逢瀬までの人質です。
「返して欲しい? じゃあ・・・今度はどんな下着が君を飾るのかなあ」なんて。
でも また取られちゃったりして^^
綺麗なスカーフだね。そうだ これで目隠ししちゃおう。
ほら 感じるだろ? って 愛されてのぼりつめる時に見えるのは激しく舞う桜の花びら。♪


逢う度に、恋人を思って濡らしたランジェリーを取り上げられる。
その前に取り上げられたものは、彼が綺麗にお洗濯してきてくれていたりして(笑)。
自分のために濡れてくれる・・・それは男性にとってとても嬉しいものなのでしょうね。
そして、特別なものを用意しなくてもSM的な行為は出来るのですね。
ほら、お気に入りのスカーフを襟元に飾っただけで・・・
新感触 目隠し桜に 貴方の手

【2007/03/11 11:47 】 | SM | コメント(0) | トラックバック(0)
宴の準備/縄指導様
桜時期 今年こそはと 夢馳せる  
早くから 新たなスポット 絞り込む
下見の日 桜探しに 気合入り   
人気無い 脇道選び うろついて  
桜の木 捜し求めて 奥進む    
川向こう 民家の前に 桜見え   
気が焦る 廃屋願い うきうきと  

M女願望の初心者調教部屋/縄指導様

満開の桜の木の下で吊りをする為には人に見られてはいけない秘密という絶対条件がある。
何処にでも桜は見かけるが、いざ人里離れて山の中を探しても中々見つからない。
廃屋が点在する廃村のような場所が理想ですから、交通の不便な山奥を目指します。
そこで、古家の前に立派な桜が数本見えた。
そこは民家なのか廃屋なのか・・。


マラソン川柳の第一弾が到着しました。
<桜>のお題に「桜の下の女性の緊縛」に想いを馳せる縄指導様の、起承転結の物語をお楽しみくださいませ。
この度は『起』宴の準備です♪
毎朝の 桜前線 気にかかる
散歩だと 脚を伸ばして 新名所
花のない 桜見上げて 想像し
桜(はな)の前 後ろもチェック 人目なし
見つけたは 山道の奥 桜の樹
平屋建て うらぶれた家に 覗く枝
鍵かかる 廃屋見守る 桜の樹

【2007/03/10 07:51 】 | SM | コメント(2) | トラックバック(0)
これならお仕置きなしですね/桜草様
桜柄 黒の下着に ちりばめて
桜草様

縄指導様なら「帰り道下着なし!!」ってお仕置きされそうですよね。
どんなに一生懸命選んでつけてきても全部隠しておしまいになるもの・・・。
お相手の方、ご主人様に少しでも喜んで頂こうと思って考えてるのに・・・。


縄指導様は花柄やキティちゃんプリントのランジェリーを着て行くと、そのランジェリーを全部取り上げて、捨てて「帰り道は下着なしで帰りなさい。」ってお仕置きをされるそうです(ふふふ、断定しちゃいました)。
その縄指導様に、これならと桜草様がお召しになったのが黒地に桜柄のランジェリーでした。
わたくしでしたら・・・黒のレースのランジェリーに・・桜。
裏地剥ぎ レースの向こう 桜花

ショーツのクロッチに一工夫♪
【2007/03/09 11:37 】 | SM | コメント(8) | トラックバック(0)
違う女のようかしら/縄指導様
うっ・・うそだろ 娼婦のように 黒揃い
新鮮な 白から黒へ サプライズ    

M女願望の初心者調教部屋/縄指導様

いつも逢瀬の時は純白の下着で清楚な彼女だが、黒で揃え、初めてTバック姿を見たとき一瞬驚きの声が出そうになった。
彼女はいつも白というイメージがあり、今日はどんな白の下着だろうと楽しみにしていたが、サプライズでしばし見惚れていた。
勿論その日はいつもより、二人萌えたのは言うまでも無い。(笑)


好きなのは、白・黒・赤のランジェリーと断言なさる縄指導様。
無垢なイメージの白から娼婦の黒へと変えるだけで、百戦錬磨のS様の眼を奪うことができるなんて、ほんとうに素敵なM嬢なのですね。
主様を裏切ることなく、主様のことだけを思って唯一できるサプライズ♪
女性のわたくしたちももっと活用しなければ。
素敵なヒントありがとうございました。
白肌が 新鮮に見えると 勧められ
主様の 視線に頬染む 初心なM

【2007/03/07 11:01 】 | SM | コメント(7) | トラックバック(0)
卯の花の茂る山で/くろす様
卯の花を 踏み分けしきみの 白きもも
秘すれば花/くろす様


卯の花と言われても、そのお花がピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。
いまのガーデニング全盛のお庭にはあまり見かけないかもしれませんね。
細いでも堅い枝を伸ばして、先に白やピンクの花を付ける低木です。
わたくしの記憶にあるのは、里山の車では入れない樹々の茂る林の中でひっそりと咲いている姿です。
くろす様はどうしてそんなところに女性をお連れになったのでしょう。
それもストッキングも許さず、腿も露な服装で・・・
あぁっ・・・
卯の花に 引かれしワンピの 裾の中
【2007/03/05 16:23 】 | SM | コメント(2) | トラックバック(0)
祇園の桜/縄指導様
祇園さん 枝垂桜に 吊り想う
M女願望の初心者調教部屋/縄指導様

京都祇園、行かれた事がない方も名前ぐらいはご存知でしょう。
近くに八坂神社がありその奥に円山公園の有名な枝垂桜があります。
桜の時期京都に来られる方でお時間があればぜひ一度観て下さい感動して頂けます。
あと夜桜お薦めスポットは、平安神宮の庭園ですが、拝観時間が17時で僅かの時間しか観れないのが残念です。
京都のデートスポットのことなら、他にも素敵な場所、お薦めホテル(ラブホ)もこっそりお教えしますよ。(笑)


円山公園の枝垂れ桜。
東京のわたくしたちは、昨年のJR東海のCMで楽しませていただきました。今年もあの桜はきっと見事なのでしょうね。
夜桜といえば、京都は桜の季節はいくつかのライトアップが実施されますよね。
清水寺や二条城の夜の姿も他では楽しめない豪奢で雅なひとときです。
歌舞練場 桜の影で 奪う衣
【2007/03/03 15:02 】 | SM | コメント(7) | トラックバック(0)
夜桜に浮かぶ縄/熟桃様
月明かり 夜桜照らす 縄景色
素顔のままで/熟桃様

ソメイヨシノはまだですが、寒緋桜や関山などの濃い色調の花びらが咲き誇っていますね~。
私の桜のイメージは少し妖しい夜桜。
桜の木の下には死体が埋まっている...なんて話までうなづけるような幻想的な雰囲気です。
月夜に照らされた桜の幹に吊るされた美しい女性。
思わず見とれてしまうでしょうね~♪


染井吉野は、その白い花びらの儚さや満開になった時の優しい盛大さが公明正大な雰囲気がするのです。
それに比べて寒緋桜や関山・冬桜や枝垂れ桜などは、色の濃厚さとともにひっそりとした<間>が素敵だと思うのです。
花の間から透ける闇・・・そして・・・
妖しい景色はきっとそんな桜の下の方が似合うと思うのです。
枝垂れ桜 隠す白肌 赤い縄
【2007/03/03 14:46 】 | SM | コメント(3) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ

design by 恋すてふ